歴史に学べって、磯田さんも言ってるだろ〜2017年5月 Pororoca ページビューランキング(Amazonジャンル別)

2017年5月のページビューランキング(Amazonジャンル別)

1 国際法
2 ロードバイク
3 スマートウォッチ
4 テント本体
5 背面ベビーカー・バギー
6 ホームプロジェクター
7 フィットネスバイク
8 ウェアラブルカメラ・アクションカム
9 背面ベビーカー・バギー
10 エアコンプレッサー

5月の当サイトのAmazonジャンル別アクセス数ランキングです。
1位に国際法がランクイン。

ジャンル的には
本、漫画、雑誌(和書)>社会・政治>法律>国際法
法律ですよ。法律。しかも国際法。

いやぁ、我がサイトはこんなのも扱っているんですねぇ。
本人も全部わかってない。
まぁリンクだけなんで。

今の1位は

ルーズベルトは米国民を裏切り 日本を戦争に引きずり込んだ

だそうです。

まぁルーズベルトは、真珠湾攻撃を事前に知っていたとか、そんなことを聞いたことはありますが。

「ルーズベルトとその一派が執った手段は、卑劣で欺瞞に満ちたもので、公明性大でも合法的でもなかった。何よりも、理不尽にも英仏対ドイツの国際紛争に日本を巻き込んで多大なる財産と人命を失わせた正義に悖るものであった。米国は、勝つことが判っていた戦争に日本をひきずりこみ、勝負がついてからも、二発もの原子爆弾を投じて多くの命を奪い、戦後は、自らの悪逆さを糊塗するために日本人を洗脳して自虐史観を植え付け、法的根拠のない東京裁判を強行した。東京裁判で日本が糾弾された「平和に対する罪」についてはルーズベルトとその一派こそが被告席に座るべきであった。」

まぁ策にハマってしまったって感じなんですかね。
けれど、策にはまっちゃいけない。

いろいろ失敗はあったんでしょうね。
第一次大戦後の世界を見誤ったとか。
ドイツと同盟しちゃったとか。奇襲は立派な作戦だけど、あとあと卑怯者扱いされちゃうとか。
終結へのシナリオがちゃんと書けなかったとか。。。
いろいろあります。

戦争はやるからには、勝たなきゃならないってことですかね。
勝つための道、だったんでしょうけど。

どっちにしろ、勝ったアメリカはソ連とともに第二次世界大戦後の覇者となりました。

まぁ今は平和と言ってますけどね。
戦争前だと思わなきゃいけないんですよね。
戦争を回避するための戦争は、いつも行われてるって感じなんですかねぇ。

日本の政治家はそう考えていてくれてるんでしょうか。。。
連敗はダメっすよ。何もないのが一番ですけどね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です